風俗店までランニング

風俗だけは喋れる

女性を相手にすると、聞き役に徹しなければならない。そんな気持ちを持っている男性は多いのではないでしょうか。自分もそうです。女性の前ではあれこれ喋るよりもまずは聞き役に徹して相手を楽しい気持ちにさせる。サービスではないのに、プライベートであればあくまでも対等な関係であってもそんなことまで意識しなければならないのかと憤る男性も多いのではないでしょうか。特に相手に対して好意があるならそれも仕方ない部分ではありますが、風俗に関してはそういったことは一切気にする必要はありません。気を使ってくれるのは風俗嬢側なので、こちらが好きなだけ話をすることが出来ますし、こちらの話に対しても真摯に耳を傾けてくれるでしょう。だから風俗でプレイそのものよりも話を聞いてくれることに対してハマってしまう人もいるみたいですけど、その気持ちは分からなくはありません。現実でも、自分の話を聞いてくれる人、あまりいないですしね(苦笑)

何を思ったのか人妻…

何時も若い風俗嬢と楽しんでいる自分は、人妻と言う存在は興味がありませんでした。一度痛い目を見たとかじゃなくて、興味そのものがなかったんですよね。風俗だけじゃなく、AVでも人妻ものなんてほとんど興味はありません。それだけに、なんでこのまえ人妻の女の子と楽しんだのか自分でも良く分からないんですよ(笑)なんであの時、人妻と楽しもうかなって思ったのかは自分でも良く分からないんですけど、でも想像以上にとっても楽しかったのだけは間違いありません。自分でも意外というか、実際にドン案存在なのか良く分かっていなかったからこそ、人妻風俗嬢と言う存在を実際に目の当たりにしてみて、「これが人妻なのか」ということに気付いたんです。こんなに濃密な時間を過ごせるのかと。だから納得したんです。なんでここまで人妻という存在への支持が高いのか。自分でも良く分かっていない部分がありましたけど、実際にこうして楽しむことが出来たので、最高でした。