風俗店までランニング

仕事人。それが彼女です

プロフェッショナルというよりも「仕事人」と言う表現の方が彼女にはしっくりくるような気がします。この前遊んだHちゃんなんですけど、彼女はこれまで遊んだ風俗嬢の中でも明らかに責任感が強くて、こちらの快感のために一生懸命頑張ってくれる風俗嬢だったんです。お客からすれば嬉しいに決まっています。あれだけのことを自分にしてくれるってだけで、男冥利に尽きるなと思いましたし、風俗出の満足度のカギを握っているのは間違いなく女の子なんです。男がどれだけ努力したところで、じゃあどれだけ満足度が高まるのかと言えば限られたものじゃないですか。でも風俗嬢の頑張りには限界がないんです。彼女は限界知らずでこちらのために頑張ってくれるプロフェッショナルだったんですよね。それだけでも嬉しいものですし、終わった後なのにまた次も彼女は候補だなって思ったんです。賢者モードなのにそう思えるなんて相当良かったんだなって思いましたね(笑)

ソープは難しくないんですよ

ソープは昔は難しい風俗かなって思っていたんです。それはプレイの内容がということじゃなくて、利用することそのものがです。利用するためには入浴料とサービス料が分かれているので、実際どれくらいお金がかかるのかよく分からないんですよ。他の風俗でこうして分離している所ってないじゃないですか。でもソープだけは分かれているので、ホームページを見ても「詳しくはお問い合わせください」みたいに書かれていて、じゃあどうすれば良いんだって話になるじゃないですか。だからソープじゃなく、他の風俗にって思っていた時期もあったんですけど、最近では総額表示されているソープも増えているので、ホームページを見ればあらかたが分かるんじゃないかなって思いますけどね。むしろそれによって、ソープがより身近なものになったかなって思っていますので、風俗を楽しむのであればソープもまた、いろいろと楽しんでみたいなって思っていますし、がっつり燃えたいなって。